• コンセプト・院長紹介
  • 診療案内・院内紹介
  • 予防接種・健診
  • アクセス・お問い合わせ
お知らせ
院長ブログ

院長ブログ

  • 発熱患者数も少なく、コロナの増加もありません。インフルエンザもまだいません。…続きを読む
  • まだ蒸し暑い日もありますが、雨が多くなり、朝晩は肌寒さもあります。寒暖差や台風等の低気圧は、喘息の誘因になります。 咳や喘鳴(ぜんめい:呼吸の音がゼーゼーする)に注意が必要です。 またコロナ感染の後、特に大人は、咳が続く方が結構います。元々喘息のあ…続きを読む
  • 当院の周辺地域では、コロナは減少傾向です。 コロナ以外では、7月と変わらず 夏カゼ(発熱のみ、もしくは発疹を伴う手足口病等のウイルス感染) RSウイルス、がみられます。 2学期が始まります。マスクができる年齢では、室内ではマスク着用(屋…続きを読む
  • 前回の投稿をした翌週から、予想通りコロナの陽性者数が増えてはきました。発熱患者さんの人数は、比較的多く、また当院では積極的に検査を行っている為か、外来には遠くからも患者さんがいらっしゃっており、こみ合っています。 しかし、多くの子どもたちは夏休みに入って…続きを読む
  • 現在、越谷、レイクタウン周辺では、コロナは非常に少ない状態が続いています。(東京は増えているようなので、来週にはこちらでも増えてくるかもしれませんが) 当院では、発熱等の症状がある方には、積極的にコロナの検査を行っているので、増加してくればすぐに分かりま…続きを読む
  • コロナの患者数は、GW後も、リバウンドはみられませんでした。現在かなり少ない状態が続いています。 コロナワクチンの接種者数もほとんど増えず、頭打ちで、希望者はほとんど打ち終わっているようです。このまま共生していく世の中になるのでしょう。…続きを読む
  • この春は雨が多く、寒暖差も大きいため 例年より、4月にしては喘息の発作を起こす方が増えています。 咳が続く場合は喘息を鑑別する必要があります。 早めにご相談ください。…続きを読む
  • コロナが流行しはじめた2年前から言われてることですが、発症初期に偽陰性となるケースが現在も多発しているため、改めて述べます。 ウイルスの検査は、タイミングが早すぎると、ウイルスが増えきっていないので、偽陰性(本当は感染してるのに、誤って陰性とでること)と…続きを読む
  • コロナは数が減りそうで、減らない状態です。 小さなこども達にとっては、風邪と変わらない症状ですが、 大人は、発熱や咳が長引いたり、まれに重症化します。 大人はワクチン接種を、しっかり三回目まで完了させましょう。 二回では、全然不十分です…続きを読む
  • 先々週頃から、スギ花粉が本格的に飛散しています。 ひどくなる前に、早めの治療が効果的です。 ・ コロナについて 感染者数は、減少していますが、色々な幼稚園、保育園、学校で、散発的に発生しています。 乳幼児~小学生くらいまでの小児は…続きを読む
1 2 3 4 5 6 10
PAGE TOP