• コンセプト・院長紹介
  • 診療案内・院内紹介
  • 予防接種・健診
  • アクセス・お問い合わせ
お知らせ
院長ブログ

院長ブログ

  • 1/6(金)より診療開始となります。 インフルエンザがはやってきます。 当院では、この時期に限らず、マスクの着用をお願いしています。 熱や咳、鼻汁がある人はもちろんのこと 症状がない人たちも、ご自身を守るために 着用の徹底をお願い…続きを読む
  • 逃げ恥ロス

    2016.12.21

    大流行した胃腸炎もどうやら一巡し、減少に転じています。 アデノウイルスや溶連菌は一部で流行っています。 これらにおされているのかマイコプラズマも随分減りました。 インフルエンザはほとんどが家族内か小集団内でみられるのみで、流行は例年通り年明け…続きを読む
  • 急性胃腸炎(ウイルス性嘔吐下痢症)の流行がみられます。 各小学校、幼稚園、保育園で多くの患者さんが発生しています。 感染力が強く、成人でも発熱や倦怠感で動けなくなるほど症状が強い方もおられます。   吐瀉物の処理は、アルコール…続きを読む
  • 今日からまた頑張りますので宜しくお願い致します。   アデノウイルスは、かぜの原因の一つです。 熱が出て、咽頭扁桃炎を起こしますが あまりのどの痛みは訴えません。 眼の充血、目やに、 下痢になることもあります。 …続きを読む
  • Yahooでやっとさわがれるようになった マイコプラズマは引き続き多い状態です。 年少児では、発熱を伴わないことが多く、 熱がなくても咳が続く場合は、 胸の聴診で音が悪くなっていることがあり(要は肺炎をおこしています) 注意が必要です。 …続きを読む
  • Halloweenの飾りつけ どこかにカボチャが…   …続きを読む
  • 8月頃からちらほら見られていたRSウイルスですが、 気温が徐々に涼しくなってきたためか ここへきて急増しています。 特殊なウイルスではなく 秋冬に流行する代表的なかぜの一つです。   乳幼児(特に0~1歳)のお子さ…続きを読む
  • 連日、肺炎のお子さんが多く受診しています。 一部の幼稚園で集団発生し、小学生の間でも多くみられます。 マイコプラズマでは肺炎があっても、元気にしていて登園登校している場合があるので 周囲に感染させ拡大していきます。 発熱や咳が長引いてい…続きを読む
  • 今年は8月から台風が多い印象で、夏が短かったですが 『夏かぜ』のウイルスによる、発熱、発疹が再び増えてきています。 咽頭炎(ヘルパンギーナ含む)、手足口病 による発熱のお子さんが多数です。   喘息の患者さんも多く、この時期最…続きを読む
  • 一部の保育園でRSウイルス感染症が流行しています。 0~1歳台の小さなお子さんたちは、 急に呼吸がゼーゼー苦しくなってくるので要注意です。 急性細気管支炎といいます。 以前は秋~冬に流行していたのですが 最近はウイルスの季節性がなくなりつつあり …続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9
PAGE TOP